【犬連れキャンプレポ】山梨県・西湖のキャンプビレッジノームで強風の早朝カヤック!!

犬のこと

記事の終わりに「いいね!」ボタンを設置してみました!
内容が役に立ったら押してもらえると嬉しいです!

いろいろなタイミングが重なって平日にでかけられることになったので、富士山のふもとにある西湖に湖畔キャンプに行ってきました!

ずっと前から、湖畔キャンプと早朝カヤックに憧れていたので、出発前からもうワクワクです。

今回は、犬連れでのキャンプや西湖にあるキャンプ場、キャンプビレッジノームについて解説していきますね。

・犬連れキャンプのリアル
・ノームのおすすめサイトはどこ?
・カヤックレンタルどう?

について詳しく案内していきます。

キャンプビレッジノーム(GNOME)って?【西湖・犬連れキャンプ】

キャンプビレッジノーム公式HPより

電話番号:0555-82-2650/090-6196-2170
HP:https://www.hamayouresort.com/gnome/
予約:インターネットのみ
ペット:可
料金:サイトなどによって変動
   通常:7,150円/1サイト~
   平日限定:1,650円/大人1人~
その他:カヤック・ゲルテント・トレーラー・ホテル泊などもあり

まずはキャンプビレッジノームというキャンプ場について紹介しておきますね!

GNOME→ノームって読むみたいです。

キャンプビレッジノームはHamayouresortというところが運営している西湖にあるキャンプ場。

キャンプを楽しみながらもホテルに宿泊できるプランもあったりと、初心者や子連れでも手軽に安心してキャンプが楽しめるように工夫がされています。

ここからはキャンプビレッジノームの

✓予約の仕方
✓おすすめサイト
✓トイレとかどう?
✓犬連れどう?

について詳しく説明していきます!

西湖には犬連れでキャンプできる場所がけっこうたくさんあります。

そんななか、なぜわが家は今回ノームを選んだのか?というと…

事前予約・当日利用どちらもできる
カヤックレンタルができる
トイレがめっちゃくちゃキレイだった

からです。

トイレについてはあとからじっくりと解説しますね。

キャンプビレッジノームの

・アクセス
・予約方法
・おすすめサイト
・トイレ
・犬連れ

についてひとつずつ見ていきましょう。

アクセス

エイコさん
エイコさん

そもそもノームって西湖のどのあたりにあるの?

キャンプビレッジノームは地図の右側を河口湖とすると、ちょうど西湖の上部真ん中あたりです↓(自由キャンプ場のお隣です。)

西湖の周りには他にもたくさんキャンプ場がありましたよ。

エイコさん
エイコさん

高速おりてから、キャンプ場までに買い物したいんだけどスーパーはある?

高速を降りて、西湖のノームキャンプ場までの道のりで「オギノ」という大きめのスーパーがありますよ。

わが家は東名高速を使って御殿場経由で富士五湖道路を通って、「富士吉田料金所」でおりました。

オギノはノームまで行く道の途中で寄れる大きいスーパーなので便利です。

西湖の付近にはコンビニらしきものはあまりなかったので、河口湖付近のこのあたりで買い出しを済ませておくといいと思います。

キャンプ場からスーパーまでは車で10分くらいです。

ちなみに富士五湖って西湖以外になにがあるんだっけ?ってモヤモヤしている方のために念のため地図を載せておきますね!

富士五湖は写真むかって左から本栖湖・精進湖・西湖・河口湖・山中湖の5つです。

今回利用したのはこのサイト

平日なので貸し切り状態

今回わが家が利用したのは湖畔が見渡せるA10というサイトです。

日影がなく、風をもろにうけるという欠点はありますが、なにも遮るものもなくいつでも湖畔が見渡せる感じはとても気持ちよかったです。

予約方法

今回は急遽いろいろなタイミングがあったので、平日にキャンプができることになりました。

ノームキャンプビレッジに行くことは決まっていたけど、前日までサイトをどこにするなかなかハッキリしなくて…。

西湖のまわりのキャンプ場は予約なしで利用する形が多いようで、当日行くまで泊まれるかハッキリしませんし、ピーク時は早朝から並ぶ必要もあるようで…。その点キャンプビレッジノーム」は事前予約もできるので安心でした。

でも一番湖畔に近いAゾーンというサイトは当日予約しか受け付けてません。(後日ネットで確認したら、一部予約もできるみたいです。)

わたしとしては、せっかく湖畔のキャンプ場に行くのであれば、湖を一望できる湖畔に近いサイトがいい!と思ってました。

なので

①混雑していたときのために念のため予約をとっておくか
Aゾーンがいいからダメもとで予約せずに行くか?

悩みました。

悩みながらノームのサイトをみていると、平日限定でサイトお任せで予約できるプラン(1~3名まで)があるのを発見!

とりあえず予約だけ確保して、サイトをどこにするかは実際に現地をみてから決められるというもの。

念のためAサイトも対象なのか、キャンプ場に問い合わせてみると、「大丈夫」とのこと。これでどちらも選べるのでひと安心。

混雑状況などによって変更があるかもしれないので、気になる方は直接問い合わせてみてくださいね。

「平日だから大丈夫だとは思うけど、一応予約サイトから予約してもらえると助かる。」

とのことだったので、前日の22時くらいにサイトから予約してみることに。(めっちゃギリギリ)

でも予約可能時間を過ぎていたようで、サイトからは予約が取れませんでした。

まぁ、平日だし空きがないってことはないだろうということで、事前予約をしないまま予定通り出発!

途中のサービスエリアでキャンプ場に連絡し、これから行くことを伝えました。

「空きはあるので、サイトは実際にみてから決めてください」

とのことで、ひと安心。

ちなみに予約サイトの予約可能時間について確認してみたのですが、17時くらいで受付が終了してしまうシステムになっているそうです。

前日に予約する場合は要注意です!

そして、スーパーに寄った後無事に現地につきました。

いろいろ説明をうけて、渡された地図とともに歩いて実際にサイトを見て回ることに。

6月の平日ということもあり、わが家がチェックインしたときに利用しているのは2組だけ。今日はこれ以上予約のお客さんはいないとのことでした。(当日の人はもしかしたらくるかも)

と、いうわけでサイトはほぼ選び放題!!

逆に選択肢が多すぎて悩んでしまうほど。

木陰があって、ちょっと小高くなっているRサイトか、「ザ・湖畔サイト」Aサイトどちらかにすることにしました。

実際にそのあたりを歩いてみて地面の傾きや見晴らしのよさなどを考慮して、今回はA10サイトを利用させていただくこととなりました。

・Aゾーンでも予約できる
・予約サイトは前日の17時くらいまでなので注意

おすすめサイトは?

ここからは、わたしの独断と偏見でおすすめのサイトを紹介していきたいと思います。

まずはAサイト・Rサイト・Fサイトの料金をサクっとご紹介。

Fゾーン:7,150円~8,250円/1サイト
Aゾーン:7,700円~8,250円/1サイト
Rゾーン:9,350円~9,900円/1サイト
サイトおまかせ(1~3名/冬季・平日限定):1,650円~2,200円/大人1人

ちなみにわが家の料金はサイトおまかせ利用で、

大人2人:1,650×2=3,300円
小人1人:1,100円
車1,100円/1台
合計:5,500円

でした。

今気づいたけど、Rゾーンを利用した方がもっともっとお得だったんですね…!

まぁ、Aゾーンの景色に大満足だったので、よしとします。

地図だけではなかなか伝わりませんが、どこのサイトがいいか迷っている場合にはAゾーンかRゾーンを利用すると湖畔気分をしっかり楽しめるのでおすすめです。

ただ、Aサイトは湖畔に近い分、トイレや流しまでが遠いです。

お子さん連れの方は、Rサイトや他のサイトを利用した方がいいかもしれません。

もしも湖畔が目の前でなくてもいいのであれば、R2サイトもおすすめです。ちょっと高台になっていて、プライベート感があるうえに景色もよさそうでした。

人気があるみたいで、私達がついた時にはすでにソロキャンプの人が利用していて(ソロなら3,000円弱で利用できるんですね。お得)、キャンプ場を去る時には次の家族がスタンバイしてました。

人気ですね。

余談なんですが…

怖がりのわたしは普段あまり夜中にトイレに行かないようにしています。でもノームのトイレはキレイすぎる(次で詳しく説明します)ので、夜中のトイレも全く苦になりません。

ただしA10サイトからは距離がかなりあるのと、まっっっっっっくらなので、ライトがないと遭難します。

いやライトがあっても遭難しかけました。暗いと前後左右が分からなくなります…。

行きはトイレの灯りを頼りに歩けばいいので安心ですが、帰りは暗すぎて目的(自分のテント)が見えないので、本当に大変でした。

まっくらなので方向感覚がわからず、自分としてはまっすぐ歩いているつもりがなぜか斜めに歩いていたようです。

しばらく歩いてみて、左にでてくるはずのわが家のテントが思っていたより遠く、しかも右側に現れたときには、本当にビックリしました!

混雑していて、まわりにもいくつかテントがあれば大丈夫だとは思いますが、空いてる時に夜中歩く時には気を付けてくださいね!

夜の山道の怖さが初めてわかりました。

・個人的にはFゾーンかAゾーンがおすすめ
・平日はおまかせプランがお得
・夜中は遭難注意!

トイレすごすぎ

キャンプビレッジノーム公式HPより

キャンプビレッジノームのHPをみていただけるとわかるかと思いますが、トイレがすごいです!

どっかのショッピングモールか?ってくらいおしゃれでキレイでした。(自分のすっぴん・ボサボサ髪が恥ずかしくなるくらい)

トイレのコンディションにはこだわりのある、わが家の息子も大満足のトイレです。

キャンプ場にいることを忘れてしまいます。

トイレ問題でキャンプを避けている方は、固定観念がくつがえるほどの衝撃がある思うので、ぜひ利用してみてください。

ノームのウリといってもいいのではないでしょうか?

犬連れどう?

ビーちゃんがわが家にきてから、初めてのキャンプ。ノームキャンプビレッジはリードにつないであれば犬を連れていてもOKです。

ビーちゃんはビビりなので

✓慣れない場所で夜吠えてしまわないか
✓周りに警戒して吠えてしまわないか?
✓テントで落ち着いて眠ることができるか?

ちょっと心配でした。

結果的には平日だったこともあり、ひとがそこまで多くなかったので、大きな問題なく過ごすことが出来ました。

ただ、湖畔のAサイトは砂利的な感じなので、ちょっと歩きにくそうでした。

いつものベッドを持って行っていたので、意外と落ち着いて寝てくれてました。

でも、夜中は注意報レベルの強風で…。

テントのバタバタする音が気になって、あまり眠れていなかったみたいです。(息子以外はちょこちょこ目覚めてしまってました。)

エイコさん
エイコさん

床でみんなで寝る感じ?

わが家のテントはグランドシートを敷かないワンポールテントです。なので、テントの中でも土足で歩けて結構便利。

そして、今回わが家はコット(ベッドみたいなやつ)を2台持参していきました。

なので、わたしと息子がコット。夫がビーちゃんと一緒に地面にシートやマットを敷いて添い寝。というスタイルです。

ビーちゃんと添い寝をしていた夫が言うには、夜中ふと目覚めてビーちゃんの方を見てみると

「こんなに風が強くて、テントがバタバタしてるのによく眠れるね…。」

って顔をして夫のことを見つめていたそうです。

車用のクレートをテントの中に運んであげたらよかったと、後から気が付きました。

そんなこんなで、風に起こされながらもなんとか無事に朝を迎えることが出来ました。

ビーちゃんは寝不足ぎみだったみたいで、朝からテントの外で日向ぼっこしながらおすわりのままウトウトしてしまってました。

・リードをつける、むやみに吠えないなどの基本的なマナーを守れば犬連れOK!
・いつものクレートとかがあるとワンちゃんも落ち着けるかも

カヤックレンタル【西湖・犬連れキャンプ・ノーム】

ハマユウリゾート公式HPより

今回のキャンプではカヤックのレンタルもしたので、ここからはそのことについて紹介していきますね。

ちなみにカヤックのレンタルはキャンプ場とは別の会社が運営しているようなのでご注意を!

ここではカヤックレンタルの

✓予約方法
✓犬は乗れる?
✓カヤックどうだった?
✓早朝にも乗れるって本当?

について詳しく案内します。

こちらも予約が前日だったこともあり、あやうくカヤックに乗れない事態になってしまうところでした。

これから予約をする予定の人は気を付けてください。

予約完了までのプロセスに注意!

カヤックの料金プラン

ノームのHPからアクセスして、カヤックのレンタルを申し込みます。(HPのプラン・アクティビティの見出しにあるもっとみるボタンを押すと出てきます)

コースは3つ。

Hamayouresort HPより

わたしは早朝にカヤックに乗りたかったので、オーバーナイトにしました。

結果的に、1日目と2日目の2回楽しめたので、大正解。

エイコさん
エイコさん

でもテントの設営にカヤックのレンタル。なんだかバタバタしちゃいそうだね。

オーバーナイトの場合貸出時間は16時前からなので、キャンプ場について設営もおわり、一息ついてからレンタルすることができましたよ。

そこまで忙しくはなかったです。

個人的にはオーバーナイトがおすすめ

予約の注意点

予約の流れとしては

①サイトから予約
②メールが届く(予約確認メール)
③もう一度メールが届く(質問メール)
④質問メールに返信して予約が確定

でした。

ただ、わが家は予約したのが前日の21時頃ということもあり、危うく予約が確定しないままキャンセルになってしまうところでした。

質問メールに返信することにより予約が確定するあたりに気を付けてください。

わが家はどうだったか?具体的に説明すると…

前日21:00頃に予約完了
メール受信:この後質問メールが届くことが書いてありました

当日5:00頃→質問メール受信
出発前でバタバタしていたので気づきませんでした

当日14:00頃→キャンプ場でメールを確認
5:00のメールにはなんと「当日の12:00までに返信・入金がないとキャンセルになってしまう」という内容が…(汗)
一番の目的でもあったカヤックができなくなったら嫌だったので、もう14時でしたがダメ元でカヤック屋さんに

「今メールに気付いたのですが、もう間に合いませんか?」

とメールをしてみました。

カヤックレンタル屋さんは電話番号がなく、メールのみの連絡なので少しドキドキでした。

そうすると、すぐにお返事をくれて対応してくれるとのこと!良かった!!

ノームキャンプ場内にカヤックレンタル屋さんののぼりがあるので、そこで待ち合わせ。

簡単な使い方を聞いて、ライフジャケットとパドルを2本受け取り、湖畔にあるカヤックを用意してくれました。

カヤックで行く、西湖のおすすめポイントなども教えてくれましたよ。

返却方法や注意事項などを聞いたら、「早速さぁ、どうぞ」という感じでした!

私と息子は前に海でカヤックに乗ったことがあります。

ギリギリの申し込みにも関わらず対応していただけて、本当にありがたかったです。

前日に予約をされる方は、くれぐれもメールのチェック&返信には気を付けてくださいね。

・予約のメールに返信するように注意
・カヤック屋さんには電話番号がないので注意

カヤックには犬も乗れる?

エイコさん
エイコさん

愛犬も一緒に乗れるのかな?

愛犬とのカヤック、憧れますよね。

わたしもわが家の愛犬ビーちゃんが興味を示したら一緒に乗りたいと思っていたので念のため犬用のライフジャケットを購入して持っていきました。

レンタル屋さんに確認してみると、犬の体重を聞かれ「まぁ大丈夫でしょう」とのこと。

ちなみにビーちゃんは20㎏くらいです。

「ただし、ワンちゃんによっては怖がってしまうからあくまでも自己責任でお願いします」

ってことでした。

早速乗ってみた

まぁ、とりあえずは人間だけ乗って、ビーちゃんが乗りたそうだったらチャレンジしてみようと思い、早速息子と湖へ!

キャンプ場のある方から、向こう岸まで15分から20分程度(片道)かかるってことだったので、とりあえずそれを目標に行ってみる事に。

思っていたより結構時間がかかるので、無事に帰ってこれるか不安でした。

ビーちゃんはどうしていたかというと、カヤックに興味を示すもののビビりなので寄り付かない…。

とりあえず息子と2人でカヤックに乗り込んで出発しました。

夫と残されたビーちゃんは、私たちが岸から遠くなる様子を不思議そうに見つめながら、近寄ろうとしましたが水が嫌いなので近づけません。

わたしも乗せてーって感じで久しぶりにワンワン・クゥクゥ鳴いていました。

水に浮いているのを初めて見たので、ビックリしたのかもしれません。

そんなこんなでなんとか対岸付近に到着することができましたー。それだけでも結構疲れてしまったので寄り道はせずにUターンしてテントのある対岸に戻る事に。

そんなに距離はないはずなのに、結構疲れて2回目乗る元気はありません。

次は翌日の朝に乗る事に。

もしもビーちゃんがやる気なら、一緒に乗れたらいいな。と淡い期待を持ちながら1日目は終了。

翌朝早速ビーちゃんにライフジャケットを着せて、ビーちゃんの足元が安定するように大き目のタオルをしいてスタンバイ!

ビーちゃんもカヤックに近づいてきたので、軽く抱っこしてまだ陸の上にあるカヤックに乗せてみました。

ちょっと不思議そうな顔をしていましたが、カヤックが少しだけ揺れるとパニック!!

足が震えてきてしまったので、諦めました。

と、いうわけでビーちゃんのカヤックデビューは叶わず、ライフジャケットを着ただけで終わりましたとさ。

ライフジャケットは事前に自宅で着せたりして慣らしておきました。

その後私と息子は前日教わった、富士山が見えるポイントを目指して出発したものの、むかい風が強すぎて全然進まない…。

ポイントまでたどり着けそうもないので、諦めました。

あとから知ったのですが、注意報レベルの強風だったみたいです。

だけど、早朝からカヤックに乗って、湖の上で朝の清々しい空気を吸うだけでとっても気持ちよかったです!!

・ワンちゃんを乗せるのは自己責任
・ワンちゃんもライフジャケット必須
・絶対無理をしない

【まとめ】キャンプビレッジノームで犬連れキャンプ

以上初めての犬連れキャンプのレポでした。

キャンプ場、カヤック共に予約でハラハラしましたが、全体的には満足しています。

帰りは河口湖の小海公園というところに少し立ち寄ったり(「道の駅かつやま」寄ったついでに発見

めちゃくちゃ壮大な富士山を車から拝んだりしながら

帰路につきました。

強風は残念でしたが、湖畔は海と違って波がなくベタベタもしないので、おすすめです。

いつかビーちゃんも一緒にカヤックに乗れたらいいなーという淡い期待をもちながら、また次のキャンプも計画を立てるとしましす。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました